妊活ブログ

【体外受精・顕微授精】基礎体温は測らなくても良い?

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
体外受精や顕微授精の場合、クリニックから基礎体温は測らなくても良い、と指導されることも多いですよね。たしかにホルモン剤を使うと基礎体温に影響が出るため、治療上は必要ないと言えます。
基礎体温を測ること自体がストレスになってしまう方もいらっしゃるので、これはこれで一理あります。

ですが、基礎体温を測ることにもやはりメリットはあるんです。
体外受精や顕微授精を予定しているお客様から「何とか成功させたい」というご相談を受けた際、廣田漢方堂薬局ではこれまでの基礎体温の状況をお伺いします。
その理由は、基礎体温はお一人おひとりのお体の状態、特に妊娠に関わるホルモンや卵巣機能を判断する大切な材料になるからです。
基礎体温でホルモンバランス等の傾向が分かれば、漢方薬で狙い撃ちをすべき部分を絞ることができ、より効果的なケアを期待することができます。

それでは基礎体温の傾向で何が分かるのでしょうか?

【基礎体温が一相性のとき】
女性の基礎体温が低温期と高温期の二相性に分かれるのは、低温期・高温期それぞれの時期によってホルモンのバランスが異なるためです。
低温期はエストロゲンというホルモンが優位となり卵胞が育つ時期(卵胞期)、高温期はプロゲステロンというホルモンが優位となり着床しやすい子宮内膜を作る時期(黄体期)です。このエストロゲンやプロゲステロンのバランスが崩れると基礎体温にも変化が現れます。
基礎体温が一相性であるということはこれらのホルモンによるリズムが無排卵で作られていない可能性が高くなります。
ただし、ホルモンバランスはちょっとした心身の変化で崩れることもあり、基礎体温がきれいな二相性にならないことは珍しくありません。
低温相・高温相それぞれの中で温度がガタつくこともありますが、基本的には低温期と高温期の差が0.3℃以上あれば二相性とみなします。

【基礎体温がガタガタしているとき】
二相性にはなるけれども低温期と高温期それぞれの中で基礎体温が上下することはよくあります。
これは睡眠不足などの生活リズムや、疲労、ストレスといった要因で自律神経が上手く働いていない場合に起こりやすくなります。
一時的なものであれば、生活リズムを整え、しっかり睡眠をとって疲労回復することで状況が改善する可能性もあります。

【月経周期が短いとき】
①低温期が短い場合
目安としては9~25日の間であれば正常と考えます。これよりも低温期が短い場合は卵巣機能が低下していることがあります。そのため卵が育ち切らずに排卵してしまったり、その結果上手く育たず排卵できていない、という可能性があります。
②高温期が短い場合
目安としては12~14日の間であれば正常と考えます。これよりも高温期が短い場合は黄体機能不全や黄体化未破裂卵胞症候群(LUF)の可能性があります。
黄体化未破裂卵胞症候群とは、卵胞が排卵しないまま黄体化してしまう現象で、この場合は黄体ホルモンが分泌されず高温期を保つことができなくなります。

【月経周期が長いとき】
①低温期が長い場合
目安としては9~25日の間であれば正常と考えます。これよりも低温期が長い場合は卵巣機能が低下していることがあります。そのため卵が育つのに時間がかかってしまったり、その結果上手く育たず排卵できていない、という可能性があります。
②高温期が長い場合
目安としては12~14日の間であれば正常と考えます。これよりも高温期が長い場合はまずは妊娠を考えますが、妊娠検査薬などで陰性の場合(検査時期が早すぎると正しい反応が出ませんので注意してください)は黄体ホルモンの異常が考えられます。通常、妊娠が成立しない場合は黄体ホルモンの分泌が減少して月経に至るのですが、何らかの理由で黄体ホルモンが過剰に分泌され続けている場合、高温期が長くなります。(月経が始まっても高温期が続くこともあります)

不妊治療がステップアップするたびに、ともすれば軽視されがちな基礎体温ですが、ご自身のお体に潜む問題を明らかにするにはいちばん手軽な手段でもあるのです。
ホルモン剤を使用する周期には基礎体温も薬剤の影響を受けるため測ってもあまり意味がありませんが、しばらく治療を休憩するような場合には初心に立ち返って基礎体温の計測を始めるのも良い方法ですよ。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら