妊活ブログ

【男性不妊】精子の受精能力にはやっぱり遺伝子が関係している? ~不妊治療の最前線~

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
今回もまた、男性不妊の先進治療技術につながってゆくかもしれない、最新の研究結果についてのお話です。

それは、マウスによる実験で不妊に関わる精子の遺伝子群が明らかになったという結果。大阪大などの研究チームが近々論文を発表する予定だそうです。
主に精巣で働く遺伝子は一千個ほど知られており、この中の一つの遺伝子だけの働きを阻害しても必ずしも不妊にはならないのだそう。そこで研究チームは似た働きを持つ遺伝子同士が互いの役割を補いあっていると推測し、その似た働きをもつ遺伝子をまとめて働かなくする実験を行ったそうです。
すると、9番染色体にある九つの遺伝子の働きを阻害したマウスでは、子どもの生まれる割合が1割以下に減ってしまったとのこと。具体的には、精子の運動性に問題がないのに、子宮から卵管に進めなくなっていたそうです。この他、2番染色体にある別の八つの遺伝子でも同じ結果が得られたようです。
これはマウスを使った実験なので人間も全く同じというわけではないですが、似たような性質の遺伝子群は人間にもあるといいます。よって、今回の結果は不妊の原因解明や治療法のヒントになる可能性があるかもしれません。

ブログ一覧へ
キャッシュレス払いで5%還元 来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら