妊活ブログ

不妊治療や妊活も季節の養生から ~秋の養生~

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
ここ関西では、ついこの間まで暑い暑いと言っていたような気がしますが、特に朝晩は冷える日も出てきました。地域によってはもうすでに「寒い」という言葉も出る気候になってきましたね。

秋本番、四季の中では良い季節です。妊活シーズンであることも先日お伝えしたとおり。
ですが。季節の変わり目、体調を崩す方が続出です! 何を隠そう、ワタクシ多田も風邪を引いてしまいました^^;漢方薬のおかげで1日で何とか治りましたが・・・。

秋はひと言でいえば乾燥の季節です。高温多湿の夏を経てすっきり爽やか、のはずですが、乾燥で喉や肌にトラブルが起こる方も多いのではないでしょうか。これ、実は夏の過ごし方に原因があるかも。
酷暑だった夏に大量に汗をかいた方、これからの季節の乾燥には特に注意してくださいね。体内を潤すのに必要な水分を夏の間に消耗してしまっているかもしれません。
肌がかさついたり痒くなったり、喉がいがらっぽくなったり、すぐにどこかが膿むなど炎症を起こしてしまったり、こんな症状は潤いが足りなくなっている注意信号です!
食養生としては、今の季節がまさに旬の梨、お砂糖の代わりに蜂蜜、あたりが手軽に取り入れやすいものでしょうか。あとは山芋や、ちょっと手に入りにくいですが百合根や白きくらげなどもお勧めです。
また、夏の間に冷たいものを摂り過ぎて胃腸が弱ってしまった方も危険です!
体内を潤す水のもとは飲食物。胃腸できちんと消化吸収されることが大前提です。胃腸の機能が低下していると水の元になる飲食物はスルーされてしまうだけでなく、汚れた水ばかりが排泄されずに溜まってむくみの元になります。
食養生としては、これも今が旬のさつま芋、日本人の主食であるお米(おかゆがお勧め)、豆類、少し手に入れるのが難しいですがナツメ(棗)などがお勧めです。

そろそろ冷えの対策も必要ですね。手足やお腹ももちろんですが、冷たい空気が首の後ろあたりに当たると風邪を引きやすくなります。ゾクッとしたらそれは風邪。すぐに首から肩にかけてを温めましょう。いちばん手っ取り早いのはドライヤーで温風を当てること(火傷に注意してください)。あらかじめ風邪を入れないように、肩の開いた服はそろそろおしまいにして、薄手のストールなどで首を冷やさない工夫をしてくださいね。
ちなみに多田は、うっかり首を冷やしてしまって風邪を引きました(涙)。

ブログ一覧へ