妊活ブログ

出産ご報告ラッシュ!!

今日は偶然にも7月中旬にご出産された方々からの出産ご報告が相次ぎ、とっても嬉しい1日となりました。
ご相談内容の一つは「母乳がですぎて赤ちゃんもほしがり過ぎて困る」といった内容のものでした。

一見、母乳がよく出て、食欲旺盛な赤ちゃんでとってもいいじゃない、と思うのですが、お母さんを一番困らせるのは、際限なく続く赤ちゃんの泣き声だったりします。

廣田漢方堂では出産後は産後の母体の回復や子宮の戻りをスムーズにするために、漢方薬やサプリメントをお飲み頂くことが多いのですが、それらの成分の副作用でこんな風に赤ちゃんがミルクを欲しがりすぎるのではないか?とご心配の様子でした。

もちろん、漢方薬やサプリメントにそういった作用はないので、ご説明させていただいて少し安心された様子でしたが、きっと「どうしてこんなに泣くんだろう。。?私に原因があるのかな?」と考えた末にいきついたお考えだったんだろうな、と思います。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」とか「ほおっておけばいいのよ」などと言われるかもしれませんが、それもお母さんを続けているうちにそういう風に考えられるようになってくるだけのことで、最初はなかなか受け入れ難いものだと思います。

これまでずっと大人だけの世界で生きてきて、例えば高度生殖医療を受けて授かった場合なんかは、毎日のホルモン剤、卵胞は何mm、ホルモン数値は○○、精子の運動率は〇%、卵のグレードは。。。と理論と効率の世界に否が応でも身を投じなければいけなかったので、この初めての生命体を前になす術がないかもしれません。。

でも、そうした苦労を乗り越えて、ようやく授かった命!
いてくれるだけで万々歳ですね。(もちろん、だからこそのお悩みなのですが)

日々赤ちゃんができずに悩んでいらっしゃる方々のご相談や、妊娠してもちゃんと継続できるか不安がある方もいらっしゃる中、なかなか手放しで「おめでとうございます!!」と言える機会が少ないので、今日のように「無事、元気な赤ちゃんが産まれました!」とご報告いただくと、心から「おめでとう~~!!」と思います。

はじめての事でお母さんは大変なことも多いと思いますが、これから精一杯、彼ら、彼女らがこの世で生きていけるように、お手伝いしてあげてほしいなと思います。

不妊治療・体外受精チーフアドバイザー
上村 真衣香

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら