妊活ブログ

卵巣年齢を知るために ~妊活・不妊治療の最前線~

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
つい先日、自宅に居ながらにしてAMHの数値を知ることのできるキット「F check」が発売になりました。

https://fcheck.f-treatment.co.jp/

この「F check」、血中のAMHを測定するものなのですが、AMHとは「アンチミューラリアンホルモン」または「抗ミュラー管ホルモン」と呼ばれるホルモンの略語です。
AMHは発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、この値は原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映している、と考えられています。
言い換えると「卵巣の中にあとどれだけ卵子が残っているのか」が分かるとも言えます。
AMHが低い場合、たとえば30歳代なのに40歳代の数値、という結果であれば、たしかに卵子の残存数で言えば10歳年を取ってるかもしれませんし、残りの卵子の数は多い方がチャンスも多いと考えられます。
そんなわけで、私も過去にクリニックでこの検査を受けた際、あまりの数値の悪さに落ちこんだ覚えがあります(こちらをクリック)。
ですが視点を変えてみましょう。数よりも大事なのは、この残りの卵子一つひとつの質です。卵子の残りが少なければ、残りの卵子の一つひとつの質を落とさないようにすれば良いのです!
よって「AMHの数値が低い=妊娠しにくい」ではありません。これについては既に研究結果も出ています。
一度減ってしまったAMHの数値を上げるのは難しくても、漢方薬やサプリメントで卵子の育つ体内環境を整えることで、ホルモンに対する卵巣の反応率をあげ、卵子の質を高めることは可能であると私たちは考えています。
ただ、ご自身のAMHを知ることによって妊活の具体的な計画を立てやすくなります。そういう意味では自宅で手軽にAMH検査ができるこのキットはとても画期的といえるのではないでしょうか。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら