妊活ブログ

陽性反応が出たら…!

今年の2月から子宝相談にお見えのHさん。

元の訴えは”冷え”と”月経不順”。

冷えは全身的で、特に手先足先の冷えが目立ち、冬はもちろん夏も仕事場でクーラーの風がよくあたる場所のため、年中冷えていました。

 

また月経不順は20歳頃から徐々に日数が長くなっており、45~60日周期で特に寒い時期に長くなりがち。

 

漢方を服用すると考えてからは、病院に行くのはやめて、漢方のみで、まずは体質改善を!とのことでご来局。月経日数が長くなるたびに月経痛も強く感じ、最近では鎮痛剤なしでは動けないほどに。

 

結婚してからは8年も経ちますが、子作りを意識したのは3~4年前からで、婦人科に通って妊活をしていたものの、一度だけ高温期が20日続いた周期があったのに胎嚢確認が出来ないままに出血。

 

身体としては運動不足と食事のバランス不良から、身体に余計な汚れをたくさん抱えていて、病院に通っているときに『多のう胞性卵胞症候群(PCOS)』と診断されました。

 

また、基礎体温(BBT)は高温期低温期の違いはややあるものの、ギザギザが激しく、低温期がとても長く、高温期も維持できていない状態。

 

仕事からのストレスと、生活リズムの悪さから、身体の流れが悪くなっていたので、まずはストレスからの体調不良を改善する漢方と、主に血と水を動かし、身体をクリーニングする漢方を併用しました。

 

漢方の服用を始めて14日後に来局。月経の状態をお伺いすると、まだ寒い時期に関わらず39日周期といつもより日数が短くなり、月経痛も鎮痛剤の服用なく過ごせたとのこと。

 

その後、ストレスをこなし、血・水の汚れを取ることをベースに、体調にあわせ漢方を微調節した結果、冷えもなくなり、肩こりもマシ、月経前の肌荒れ症状も改善され、夜のおトイレも行かなくなりました。

 

月経周期も35日がベースとなってきており、タイミング指導にもしっかりと応えてくれて、自宅の検査薬にて見事陽性反応!

 

すぐにお電話いただき、服用中の血の流れを良くするお薬を、胎児に影響の出ない代わりのお薬へ変えさせていただきました。

 

身体のためには大切なお薬でも、まだ安定しない胎児には必ずしも良いというお薬でないものもあります。

妊娠陽性がわかりましたら、休日でも、時間外でも、すぐに!!ご連絡をいただくように、廣田漢方堂ではお願いしております。

 

これからの10ヶ月という長い道のり、Hさんのご体調と、胎児の成長にも良いお薬で、出産に向けてお体を守っていきます。
妊婦 1

 

漢方|大阪|廣田漢方堂薬局

不妊のご相談はこちら→http://kodakara-kampo.com/

大阪府大阪市港区弁天4-5-1 廣田漢方堂薬局

お問い合わせ→0120-70-3989

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら