妊活ブログ

42歳 2年間体外受精にチャレンジ後、漢方を使って1回目で妊娠・出産できた例

39歳で結婚し、「子供が欲しい」気持ちがとても強かったので、残り少ないチャンスを無駄にしないために病院で人工授精から体外受精へステップアップしていました。

 

それからほぼ毎月、体外受精を繰り返し、2回妊娠反応が陽性になりましたが、2回とも胎嚢が確認された直後に流産してしまいました。

体外受精をして妊娠しても、繰り返し流産してしまうことに悩み、「元気な赤ちゃんを出産することはできないかもしれない」とあきらめと、年齢的な限界が近づいていることが不安で、「もしダメでもできる限りのことはしてみよう」と思い、廣田漢方堂に相談に来られました。このときには体外受精を始めてから2年が経っていました。

 

初めて相談に行ったときには、「年齢的にあまり余裕がない」ことと、「今までの体外受精によるホルモン剤の使用によって卵巣と子宮が疲れている可能性がある」として、それらの状態を改善するための漢方薬を使い始めました。

 

漢方を飲み始めてから行なった1回目の体外受精で3個採卵でき、3個とも受精卵になりました。これまでは1個しか受精卵が残らなかったことを考えると、漢方がしっかり効いてくれていたと思います。

そして、その中の1つを新鮮胚で戻し、無事に妊娠陽性反応が出ました。

この方の場合は、過去の経験から、「もしかしたらまた流産してしまうかもしれない」という不安がありましたので、安胎薬にすぐに切り替え、子宮の中に栄養たっぷりの血液がしっかりと循環できるように栄養剤と漢方薬を合わせていきました。

妊娠後は、つわりが少しきつくて飲むのが大変そうでしたが、今回は胎嚢~心拍の確認もスムーズで、赤ちゃんの成長も順調で、元気な赤ちゃんを出産されました。

 

 

この女性の場合、年齢と同時に、毎月体外受精にチャレンジしていることから、ホルモン剤の使用過多による卵巣・子宮機能の疲弊が大きな問題としてあるのではないかと考えました。

ホルモン剤によって無理矢理成長させられた卵胞は、当然質が悪くなりやすく、採卵できても受精する個数が少なかったり、受精卵の質が悪くなりやすい印象があります。

 

この方の場合には、体外受精には積極的にチャレンジしたいという気持ちが強くあり、年齢的にチャンスも限られていたため、体外受精を休憩することはせず、卵胞の質を高める目的で、補腎薬と栄養剤を柱に、子宮内環境を整えるための血流系の漢方を使って様子を見ることにしました。

 

漢方を服用し始めてから、最初の採卵で採卵数・受精卵数・卵のグレードともに向上し、子宮内膜も6.5mm⇒9mmとこれまでの状態よりも明らかに好転しましたので、まだまだ「妊娠できる余力」は残っていると感じ、「妊娠できる可能性を最大限に引き出す漢方」を使い続けました。

そして、漢方薬を服用し始めて、1回目の体外受精で妊娠に成功し、流産することなく無事に出産までたどり着くことができました。

女性の場合には、年齢が妊娠成立の大きな障壁となりますが、年齢に関係なく「妊娠する余力」があり、それを上手く引き出すことができれば、チャンスを大きく広げることができると実感できた症例でした。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら