妊活ブログ

廣田漢方堂オリジナル漢方 ライセイジュ

40歳女性、9月末に不妊の漢方相談で来局。
治療を始め、人工授精4回、顕微受精1回されたが陰性。
検査結果では卵巣機能が低下、それ以外は検査結果問題なし。
顕微授精なので、旦那様は大きな問題はなし。
生理時には、腹痛、頭痛、腰痛があり鎮痛剤使用。色は暗く塊もある。
心理面は神経質、不安、心配、落ち込みやすいなど
運動はほとんどしない。

生理の状態から、鮮血ではないことや、痛みが多数あり、鎮痛剤も服用。
血圧計からわかる、末端血流量は少なく血流を送る力も弱い。
以上からも血の汚れがあり、子宮・卵巣への酸素や栄養は行き届きにくい状態がある。
まずは、廣田漢方堂オリジナルのライセイジュ大地の恵みと海の一雫をベースに、イスクラの婦宝当帰膠を服用していただくことで、身体の変化や生理の状態、血圧計の数値を参考にしていくことをお伝え。

10月末2回目御来局。
1ヶ月ですが、生理の状態をお聞きすると、色が明るく変化し、今回は痛みがなく鎮痛剤は服用しなかったとのこと。
血圧計でも数値の変化が見られ、血流も改善されてきている様子。
ライセイジュは廣田院長が考えに考え抜いて、不妊症で悩む方に処方していた漢方・サプリメントで妊娠率が高かった実績あるものを抜粋してできた、優れ物です!!

ご本人も運動や食事もアドバイスさせていただいたことを実践されてるとのこと。
来月は病院にて移殖の周期に入るので、しっかりサポートもさせていただきます。

鍼灸治療リーダー 濱本 裕香

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら