妊活ブログ

40歳の女性 複数回の体外受精失敗後、漢方・鍼灸を使い妊娠!

40歳の女性。

過去に体外受精で1度だけ妊娠したものの、すぐに化学流産してしまい、その後、何度も体外受精にチャレンジするものの妊娠できずにいました。

ご本人さんは、妊娠できないのは自分の身体に問題があるからではないかと考え、これまでとは違った方法を一緒に使って体外受精にチャレンジしたいということで当店に相談に訪れました。

当店では、これまでの体外受精の方法、採卵数・受精卵の数・着床反応の有無などを詳細にお伺いすると同時に、体質を見極めていきました。

この女性は、年齢から来る卵の質の低下と子宮内膜環境の低下、それと不妊症治療を繰り返すものの妊娠できないことからくる焦りが大きな原因なのではないかと考えました。

そこで、漢方では採卵の周期・休憩の周期・移殖の周期に基づいて、それぞれ低下した機能を向上させるための漢方薬とサプリメントを用いました。

また鍼灸では、不妊症治療によって起こるストレスを緩和し、全身の自律神経を調節する治療を行って様子を見ることにしました。

そして採卵の周期では、これまでと同じ方法で採卵に臨んだにもかかわらず、これまで以上に卵が採れると同時に受精卵にまで育つ数も増えました。

その後は、病院の提案する方法でホルモン補充を行いつつ、漢方で子宮内環境を整え、鍼灸で自律神経を調節しながら、複数回移殖に臨むものの、移殖の前に風邪をひいて体調を崩したり、ホルモン補充がうまくいかずに子宮内膜が成長せず、移殖が伸びたり、キャンセルになったりする事態に見舞われたものの、最終的には無事に妊娠陽性反応が出て、胎嚢の確認、心拍の確認ができました。

今回の症例のように、しっかりと母体の状態を調えた上で、移殖に臨むことで、今までうまくいかなかった場合でも、妊娠に導ける可能性は大いにあると思います。

そのためには、まず体質を見極めて、今の身体の状態がどのような状態なのかを詳細に把握し、それに応じた漢方薬やサプリメントを上手に使うことが大切なのではないかと思います。

 

廣田漢方堂では、今回の症例のように、何度も体外受精にチャレンジしたものの、なかなか妊娠できなかった多くの方が妊娠され、無事に出産されています。

一度の治療費が高額になる体外受精を何度もチャレンジする前に、一度漢方薬や鍼灸を使って体調を整えてから体外受精にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

今回妊娠されたIさん。

ひとまずはおめでとうございます。これから出産まで長い道のりですが、がんばっていきましょう!

 

 

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら