妊活ブログ

自分に合った方法で体外受精をするために病院を変えてみるのも1つの手段

顕微受精を3回以上行うが、プライベートのバタバタと重なり、どのように治療が進んできたかもはっきりと記憶していないくらいの状態で不妊治療を続けてきた40歳の女性。

初診時には、こちらがいろいろとご質問させていただいても、ご自身の行ってきた体外受精について知らないことが多く、病院の方もあまり積極的に患者さんに資料を提供しないところだったので、まずはそれらの確認作業からおこなってもらうことに。

初回のカウンセリングで、体外受精を行っているのはご自身で、病院に通っているだけで妊娠できるのでは決してないということ、妊娠してお母さんになるのもご自信であるということの自覚が芽生え、今後治療を継続していく上で必要な内容を積極的に病院に電話してお聞きになるなど、体外受精に対する姿勢が変わりました。

この方はショート法で卵が多くとれるので、病院ではマニュアルどおり、ずっとショート法で採卵を続けてきました。しかし、数はたくさんとれるものの、卵の質がわ

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら