妊活ブログ

卵子の不思議

女性は、生まれる前、母親の胎内にいるときの妊娠5ヶ月目の時点で一生分の卵子を作り終えていると言われています。

それ以降は、数は増えることはなく、減っていく一方なのです。

そのときには左右の卵巣に、700万個の卵子があり、それがどういうわけか、時間の経過とともに自然に消滅しはじめるのです。

そしてそれは女性の生殖可能時期が終わるまで延々と続き、新生児の時の卵巣には100万~200万の卵子しか残っておらず、思春期に達するころには、20万~30万個にまで減少すると言われています。

思春期まで残った卵は、その後、競い合って成長し、卵管で精子と出逢って受精卵になろうとするのですが、卵管にまで到達できるのは生涯でたった400~500個しかないのです。(つまり女性の生涯の月経回数とほぼ同じです。)

その戦いに敗れた卵は、1日あたり20~30個で、自然淘汰され、自然消滅していきます。閉経するころには、卵巣内の卵は1000個にまで減っているのです。

自然消滅せず、競争に勝ち、その月の月経周期で、一番大きく成長した卵は、なぜ選ばれたのでしょうか?

そして、他の卵はなぜ競争に負け、消滅する運命をたどったのでしょうか?

このメカニズムは未だ全くもって解明されていないのです。まさに生命の神秘としかいいようがありません。

体外移殖の際に使用する排卵誘発剤やHMGなどのホルモン剤は、この生命の神秘のメカニズムに対して作用し、本来であれば、自然淘汰される卵も同時に成長させる力を有しています。

そのため、本来であれば1つしか成長しない卵が、複数個、多いときには十数個採れるようになるのす。

しかも本来であれば、消滅するであろう卵をホルモン剤によって成長させても、何の問題もなく受精卵になってくれます。

そこには卵の質や染色体異常という問題は、関係ないということを考えると、なぜそのような現象が起こるのか、とても不思議に思います。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら