妊活ブログ

41歳の女性、高FSH・低AMHで漢方サポートのもと、採卵にチャレンジ

遠方からご相談をいただいた41歳の女性。

過去にアンタゴニスト法にて採卵をした際には、3個の卵が採れ、そのうち2つが受精卵となりましたが、移殖の結果、残念ながら妊娠には至りませんでした。

数カ月の期間をおいて、もう一度採卵をする予定になりましたが、ホルモン検査の結果、FSHが高く、AMHが非常に低い状態で、ホルモン剤を使用しても卵が採れる可能性が低く、注射による採卵ではなく、クロミッドによるマイルド法を行うことになりました。

その際に、少しでもいい状態の卵が採れるようにと、漢方で何かできることはないでしょうかとご相談いただきました。

遠方の方だったため、電話にてのご相談になりましたが、過去の体外受精の成績、現在の状況を踏まえて、漢方薬を選びました。

採卵までに時間がなかったため、必要なものをすべて使用させていただきました。

そうしたところ、卵胞の成長を確認する検査を受けた際に、2つほど卵胞は成長しているものの、少し採りにくい位置にあるようで、もしかしたら1つしか採卵できないかもと言われたのでした。

それを聞いた彼女は、「それなら、受精卵になり、移殖できる可能性もないから、今回はキャンセルしようか・・・」と悩み、当店にご連絡いただきました。

卵胞は順調に成長しているため、キャンセルするかどうかは卵胞の質で選択した方が良いと考え、「クリニックでエストロゲンの数値を測定し、それがしっかりと分泌できているのであれば、質が良い可能性が高いのでそのまま採卵に臨み、数値が低いのであればキャンセルして、タイミング療法か人工授精に切り替えてはいかがですか?」とご提案しました。

数日後・・・

 

電話にて「卵が5つも採れました!エストロゲンの数値も4ケタあり問題ありませんでした!」というご報告がありました。

通常、クロミッド単独のマイルド法では、2,3つくらいの卵が採れれば上出来で、AMHが低い場合には、1つしか採れない場合もあるのに、アンタゴニスト法を行った時よりも多い採卵数だったのにはビックリしました。

これも採卵時に、卵の状態を上げるために必要な漢方薬とサプリメントを使った結果だと思います。

体外受精を行う際には、西洋医学的な条件だけをそろえるのではなく、卵の質を改善したり、子宮内膜の状態を改善したりする他の要素の条件も、しっかりと調えることで、このような予想外の結果になってくれるのです。

 

 

 

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら