妊活ブログ

【体外受精】採卵ってどんなことをするの?~痛みに耐える~

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
婦人科の代名詞、内診。触診から始まって、エコーや洗浄、人工受精や体外受精などの高度な処置、いずれもデリケートな場所に色々突っ込まれて苦痛がまったくゼロ、という方はまずいらっしゃらないのではないでしょうか。

そもそも子宮が後屈気味で癒着していたり、子宮内膜症が花盛りだった私の場合、内診でさえ、そのウマヘタでその苦痛には大きな差がありました。
女性のドクターが内診が丁寧かと言えばそうでもなく(自分にもついてる臓器だからかえってフランクに扱えるのかもしれません)、いかにもゴツそうな男性の先生が「…神!」と思えるほど痛みなく上手に診てくださったり、人は見かけによらないものです(失礼)。
当時、私は卵巣チョコレート嚢胞も結構大きく育んでいたので、経腟エコーが見えにくいという事情もあり、経験の浅いドクターなどはモニターを見ながら必死でプローブ(膣内に挿入するエコーの器具)をぐりぐりするんですが、気持ちは分かるから我慢はするけれど、まあ、痛い痛い!

極めつけは体外受精の採卵の処置。採卵というのは、プローブに針を搭載したものを膣に挿入し、膣壁を針で突き破って卵巣から卵子を卵胞液ごと吸い出す…という、もう、書いてるだけで痛くなるような処置なんです。
卵胞をたくさん採るような場合は全身麻酔や局所麻酔などをしてもらえますが、卵胞が少ない場合、私の通っていたクリニックでは痛み止めの座薬を前もって入れるだけでした。
ある時、ご年齢はベテランの新しく着任したドクターが採卵をしてくれたのですが…もう、めちゃくちゃ痛い!!!おまけに「あ…これは違うな、こっち…」とか言いながら予告もなしに突き直したり、こいつほんまに頭蹴ったろか、と思うぐらいで。ボロボロ泣きながら我慢していましたが、後遺症もやっぱりそれなりで私はその日半日は痛みで動けませんでした。
後の診察でどんなにひどい目に遭ったかを主治医のY先生に訴えたところ、「ごめんな…今度から、頭蹴ってええからな…。」頭を蹴られたかどうかは知りませんが、ほどなくして年齢はベテランだった例のドクターは、処置担当から外れていました(笑)

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら