妊活ブログ

【不妊治療と漢方薬】漢方薬って実際効くの? 

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
皆さんは漢方薬にどんなイメージを持っていますか?体質改善とか、長く飲む必要があるとか、臭くて不味いとか、西洋薬より体に優しいとか。そんな感じでしょうか。

私と漢方薬との出会いは、ウン十年前にさかのぼります。まだ小学校の低学年だったと思います。
当時、やれ鼻炎だ近眼だ肩凝りだ魚の目だと、およそ「元気な子供」というイメージとは程遠かった私は、見かねた母に漢方薬局に連れて行かれました。
不味い粉薬を飲むことになったのですが、そのままでは飲めずオレンジジュースやリンゴジュースに混ぜて飲まされていました。余計不味かったです。ただ、頑固だった魚の目がぽろっ!と取れたことを覚えています。

その後うんと時代は下り今から7~8年前、すでに不妊治療を始めていた私に友人が漢方を勧めてくれました。
友人が連れて行ってくれた漢方薬局はちょっと変わっていて、オーリング(O-Ring)テスト、という診断法で漢方薬を決める、という薬局でした。
オーリングテストというのは、片方の手に物を持って、もう片方の手は人差し指と親指で輪を作り、診断者はその指の輪を真横に引っ張る、という方法で行います。
左手に何種類かの漢方薬をとっかえひっかえ持たされ、その度に右手の輪っかを引っ張られるのですが、力が抜けてしまって右手の輪が開いてしまう時と力が抜けない時がありました。力が抜けなかったものが私に合った漢方薬だ、というわけです。
・・・オーリングテストの信憑性についてここで論じるのはやめておきますが、とにかく1週間分の漢方薬をもらって帰り指示通りに飲むと。
めちゃくちゃ体が楽になったんです!オーリングはともかく、漢方、すごい!!
というわけで2年ぐらいそこに通いましたが、少々遠方だったので仕事との兼ね合いが難しくなって通うのを止めてしまいました。
その後は鍼灸に通うことになるのですが、これはまた別の機会に譲りましょう。

漢方って効くのね!を実感して自分でも漢方のことを勉強するようになったのですが、それが巡り巡って、後に私は廣田漢方堂薬局でお世話になることになります(これにまつわる話については次の記事で)。そして今に至ります。人生わからないものです。
それにしてもあのオーリングテスト、いったい真偽のほどはどうだったんでしょう?漢方薬はたしかに効きましたが、うーん。
ちなみに廣田漢方堂薬局ではオーリングテストは行っておりません(笑)漢方薬を選ぶ際には、詳細な問診・望診(舌診含む)・触診(脈診や腹診。店頭のみ)を駆使して伝統的な方法に則って判断をします。
オーリングテストの漢方薬局でもたぶん、事前にそれを行っていたような気はします(笑)、今となってはうろ覚えですが。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら