妊活ブログ

妊娠するために葉酸サプリメントは必要?

こんにちは。お客様相談ダイヤルの中の人、多田まどかです。
妊活を始めよう!と思い立ったらまず頭に浮かぶもの、それはサプリメントではないでしょうか。
そして認知度ナンバーワンを誇るのはやはり「葉酸」、今日はこの葉酸のことを誤解していませんか?というお話です。

妊活のためのサプリメント、ここ数年で爆発的に増えました。はっきりと目的を打ち出しているものから、何が入っているのかよくわからないものまで、いったい何を基準に選べば良いのか迷うばかりですね。
ただ、どんな妊活サプリであっても葉酸だけは含まれているものがほとんどだと思います。
よくお客様から「やっぱり妊娠するために葉酸は必要ですか?」という質問をいただきます。
そのぐらい妊活の必須栄養素として葉酸が知れ渡っているのには訳があります。
近年の多くの研究から、妊娠初期における葉酸摂取の不足で胎児の神経管閉鎖障害(NTD)の発症率が高まることがわかってきました。
そこで厚生労働省は2000年、妊娠の可能性がある女性に対し、1日400㎍の葉酸を栄養補助食品から摂取することを推奨する通知を出しました。
この通知が広く知れわたり、「葉酸=妊活サプリ」と認識されるに至ったわけですね。
神経管閉鎖障害で良く知られるのは二分脊椎症ですが、妊娠4~5週頃に起こりやすいことがわかっているため、妊娠初期(~12週)の間は葉酸の摂取が必須となります。
つまり「葉酸を摂らないと妊娠できない」わけでも「葉酸を摂れば妊娠できる」わけでもなく、「健康な赤ちゃんをお迎えするために葉酸が必要」ということなのです。
なお、栄養補助食品から摂取する葉酸の上限は1,300-1,400μg/日です。葉酸の摂取過多は妊娠に必要なミネラルである亜鉛の吸収を阻害するため、適正な量を摂取することが大切です。
ご自身の体に入れるものですから、葉酸の本当の意味を正しく知っておきましょうね!
今回は葉酸サプリメントについてのお話でしたが、せっかくですので次回は「葉酸の含まれる食品」についてお伝えしようと思います。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら