妊活ブログ

お母さんになることをあきらめない

お母さんになることをあきらめない。
赤ちゃんが欲しいと思っているのに、なかなか授からない現実。
インターネットで妊娠に関する情報をいろいろと検索してみるけど、なんだかいまいちピンとこない。
夫婦二人で頑張っているのに、周りからは「赤ちゃんはまだなの?」って言われ、正直つらい。

「もう赤ちゃん、あきらめようかな・・・」

気持ちばかりが焦って、どうしたらいいかわからない。

意を決して病院に通い始めても、何が何だかわからないうちに色々な検査をして、薬を飲んで、精神的にも肉体的にも辛くて、「妊娠なんて、すぐにできる!」と軽く考えていたことを後悔する毎日。

病院での治療でも一向に成果が出ないことに、ますます不安が強くなって、「このままじゃ、いけない」って思って意を決して相談に来られるお客様。

僕の店には、こんな経験をされた女性がたくさん相談に来られます。
中には、「病院の先生が言うとおりに、体外受精を何度も繰り返しました、でも妊娠できなかったんです。」と泣きながらお話される方もいらっしゃいます。

これまで何人もの女性が、「お母さんになること、あきらめようかな・・・」と目の前で涙を流す姿を見てきました。

先の見えない治療に、自信を失って、正直、どうすればいいのかが分からなくなっている彼女たち。

僕は、そんなときにいつもいう言葉があります。

「ゴールって、いきなり来るんだよね」

「それが、明日なのか1年後なのかわからないけれど、でも絶対に来る。」

これまで不妊症専門クリニックでタイミング療法・人工授精・体外受精をされている方の相談にのり、それでも結果が出ないご夫婦のサポートをしてきました。クリニックで治療すれば、妊娠できると思っていたのに、できない現実に、皆さん、同じようなとてつもない不安を抱いていました。

でも、その中から、ポツリポツリと妊娠して、「不妊症の不安」から卒業される方が出るのです。

妊娠された方々は、「あの不安は一体、何だったんでしょうか?」と仰るのです。

そう、頑張っているのに、結果が出ないこと。

1か月に1回しかチャンスがないこと。

年齢的な焦り、周囲からのプレッシャー、薬に対する副作用、検査や処置による身体への負担、金銭的な負担、頭から「妊娠」という文字が消えない現実

こういう複雑な要因が、さらに妊娠することを難しくし、そしてこの苦痛から解放されたいために「早く妊娠したい」と思うのです。

そしてそこから卒業すると次は「私に無事に産むことができるかな?」と、赤ちゃんが無事に生まれてくれるかという不安が出てきます。

ひどいつわりに悩まされ、食べたいものも食べられない。

お腹の中の赤ちゃんがいつも気になって、少し出血しただけで、少しお腹が張るだけでも、「大丈夫なの?」と不安な気持ちがなくなりません。

そういう時期を10カ月余り過ごし、無事に出産された後には、「ちゃんと育ってくれるのかな?」という新たな不安が生まれてきます。

「妊娠を希望する」ということは、人として、一人の親として、一生付き合っていかなければならない「子供に対する不安」をしょい込むことなのです。

妊娠することがゴールなのではなく、妊娠することがすべてのスタートなのです。

妊娠するまで、とても大きな苦労が待っているかもしれませんが、それは実はとても小さな始まりにしかすぎません。

あきらめてしまったら、そこですべてが終わってしまう。

でもどれだけ失敗を重ねても、あきらめなければ、ほとんどの方に「赤ちゃん」はやってくるのです。

病院の治療がすべてではありません。

インターネットの情報がすべてではありません。

あなたにとってベストな選択になるように。

そして何物にもかえがたい、宝物である赤ちゃんを抱けるように、今できることを精一杯してください。

ブログ一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら