高度不妊治療
(体外受精・顕微授精)について

体外受精や顕微授精のアシステッドハッチング(AHA)って何ですか?

受精卵は透明帯という膜に覆われています。卵は透明帯の中で分割しながら成熟し胚盤胞という状態になると透明帯を破って外に出ます。これをハッチング(孵化)といいます。
ハッチングに成功して初めて着床できる状態になるのですが、透明帯が厚かったり硬かったりすると、卵が透明帯を破れなかったり、破るのに時間がかかり、受精できなくなってしまいます。
そこで受精卵が透明帯を破るのを助けるためにアシステッドハッチング(AHA)という処置を施します。
透明帯を薬品やレーザーで少し破ったり薄くすることによって、着床しやすい状態にします。

よくある質問トップへ