妊娠しやすくなると言われているて
食事・生活習慣について

妊娠しやすくなる食べ物や避けた方がいい食べ物はありますか?

これを食べれば妊娠しやすくなるという食べ物はありませんが、必要な栄養素をバランスよく摂ることで細胞代謝が活発になり、血液の状態もよくなるというとが、結果的に妊娠へつながるということは充分にあります。
昔から日本に伝わる「まごわやさしい」を基本に、豆類、ごま(種子)、わかめ(海藻)、野菜、魚、しいたけ(きのこ)、イモ(穀物)を意識して食事することで栄養バランスの良い献立となります。 逆に血液をドロドロにしてしまう、トランス脂肪酸を含む食品(スナック菓子やチョコレートなど菓子類全般、ジャンクフード、パン、マーガリンなど)肉の脂身、揚げ物などは避けたい食べ物です。細胞膜を構成する脂質の質が大切ですので、脂はオメガ3系の脂肪酸(アマニ油、シソ油、魚脂など)をメインに、調理の油をオリーブオイルにすることをお勧めします。

よくある質問トップへ