漢方薬の役割について

妊娠しやすい体を目指すために漢方ではどのようなことをしますか?

「妊娠しやすい体」になるには、妊娠に必要な臓器(卵巣・子宮など)が、きちんと機能していることが重要です。病気ではないけれど、“妊娠する為の準備が出来ていない体”を漢方の力を借りて助ける、という風にお考えいただくと良いと思います。
早い方ですと、漢方を服用し始めて数日後には顔色が見違える程明るくなるなど、目に見える変化が現れる方もいらっしゃいます。
服用を始めて数か月経つと、冷えが改善したり、生理痛が軽減したりと何らかの変化を実感される方が増えてきます。体が良い方向に変化することで、いかにご自身の体が頑張っていたかということを見つめなおす良い機会にもなりますよ。

よくある質問トップへ