基礎体温・月経について

基礎体温がガタガタです。二相性でなければ妊娠できませんか?

女性の基礎体温が低温期と高温期の二相性に分かれるのは、低温期・高温期それぞれの時期によってホルモンのバランスが異なるためです。
低温期はエストロゲンというホルモンが優位となり卵胞が育つ時期(卵胞期)、高温期はプロゲステロンというホルモンが優位となり着床しやすい子宮内膜を作る時期(黄体期)です。このエストロゲンやプロゲステロンのバランスが崩れると基礎体温にも変化が現れます。
ただし、ホルモンバランスはちょっとした心身の変化で崩れることもあり、基礎体温がきれいな二相性にならないことは珍しくありません。低温相・高温相それぞれの中で温度がガタつくこともありますが、基本的には低温期と高温期の差が0.3℃以上あれば二相性とみなします。
基礎体温のガタつきや低温期が長い・高温期が長い、といった状態が何周期も続く場合は何らかの理由で慢性的にホルモンバランスを崩していることが考えられ、場合によっては妊娠のメカニズムに影響を及ぼしていることもあります。
なお、ホルモン剤を使用した不妊治療を行っている場合、体温は薬剤に影響されるため、基礎体温については気にしなくても良いでしょう。

よくある質問トップへ