基礎体温・月経について

排卵前に基礎体温がガクンとさがりません。妊娠に影響ありますか?

排卵前に一度体温が降下する理由は、月経終了後あたりから排卵にかけてホルモン:エストラジオールが増えるためです。
このエストラジオールには血管を拡張する働きがあり、排卵直前には一気に血管が拡張するため、一時的に体温が下がると言われています。
ただ、これには個人差があり、体温が下がる人と下がらない人がいます。体温が下がらなくても高温相に移行すれば排卵はできていると考えて良いので、ガクンと体温が下がらないからといって気にする必要はありません。
ところで、よくある基礎体温表の例を見ると、
・低温期と高温期がきれいにわかれた二相性
・排卵直前に一度急激に体温が低くなってから高温期に移行
となっているものが多いと思います。
ですが、実際にあのような体温表ができる方は少ないのではないでしょうか。
基礎体温の上下は女性ホルモンの作用で起こる現象ですが、そもそもホルモンの分泌量は自律神経に左右されるため、ちょっとしたストレスや疲れで揺らぐのが普通です。
少々ガタついても低温期と高温期の境目(0.3℃以上の差)が分かれば大丈夫です。

よくある質問トップへ