妊娠に対するお悩み

不妊治療中ですが、どうしても妊娠できません。なぜなのでしょうか?

廣田漢方堂では「妊娠しづらい体」には必ず理由があると考えます。
特に35歳を超えた女性が妊娠しにくくなるのは、卵子の老化などが原因といわれていますが、すんなり妊娠される方とそうでない方の間には、卵子や子宮をとりまく環境に大きな差があるのではないかと考えています。
妊娠できない理由が、病気や内臓などの異常であれば病院での治療を優先すべきですが、そうでない場合は、卵子の状態や子宮の中をとりまく環境を変えることで「妊娠しづらい体」を「妊娠しやすい体」にしていきます。
卵巣や子宮を妊娠しやすい状態に変えてゆくために必要な方法は、お一人おひとり違います。廣田漢方堂ではこの点を重視し、個別のカウンセリングに力を入れております。
自分では分かりにくいことも専門家に相談すると見えてくることは沢山あります。「妊娠しやすい体」になるための準備を整え、不妊治療専門病院での「妊娠させるための不妊治療」の技術をうまく利用して、ご夫婦待望の赤ちゃんをお迎えできるようにしましょう。

よくある質問トップへ