妊娠に対するお悩み

40代後半です。妊娠はあきらめないといけないでしょうか?

ご存じのとおり、女性の年齢が上がると急激に不妊治療の成功率は減少していきます。40代を超えると妊娠率は10%程度にまで低下します。
妊娠率が急激に低下し始める年齢が42歳のため、当店では42歳までという表現をしておりますが、過去の事例では43~45歳の方でも妊娠に成功している例はあります。
廣田漢方堂のサポートで、高齢での成功率を100%近くに引き上げることは難しいですが、その状況の中でも「赤ちゃんが欲しい」と考え、体外受精に臨む方に対し、どうすればその可能性を最大限に引き上げることができるのかをあらゆる角度から検討することは可能です。
ただ漠然と不妊治療を行うのではなく、不妊治療を成功させるための土台を作り、ご自身が持っている妊娠力を活性化し、不妊治療の成功率を最大限に引き上げることができるよう、漢方やサプリメントの力を借りながらできることをすべて行って、吉報を待つという風に考えていただきたいと思います。

よくある質問トップへ