一般的な
サプリメントについて

葉酸が少ないと妊娠できませんか?サプリメントでたくさん摂ればいいですか?

近年の多くの研究から、妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児の神経管閉鎖障害(NTD)の発症率が高まることがわかってきました。そこで厚生労働省は2000年、妊娠の可能性がある女性に対し、1日400㎍の葉酸を栄養補助食品から摂取することを推奨する通知を出しました。
神経管閉鎖障害で良く知られるのは二分脊椎症ですが、妊娠4~5週頃に起こりやすいことがわかっているため、妊娠初期(~12週)の間は葉酸の摂取が必須となります。
つまり「葉酸を摂らないと妊娠できない」わけでも「葉酸を摂れば妊娠できる」わけでもなく、「健康な赤ちゃんをお迎えするために葉酸が必要」ということなのです。
なお、栄養補助食品から摂取する葉酸の上限は1,300-1,400μg/日です。葉酸の摂取過多は妊娠に必要なミネラルである亜鉛の吸収を阻害するため、適正な量を摂取することが大切です。

よくある質問トップへ