費用について

使用する漢方薬・サプリメントはお客様の状態によって異なります。2018年における相談の方の費用の平均は下図のようになっております。

漢方薬・サプリメント

漢方薬の月額費用はタイミング療法・人工授精・体外受精・顕微授精など、それぞれのカップルのクリニックにおける治療によって大きく異なってまいります。

2018年度 
不妊症相談における費用の割合

月額費用の内訳

不妊相談内訳グラフ

5千円~1万円 5%
1~2万円 43%
2~3万円 44%
3~4万円 5%
4万円以上 3%

※当店代表である廣田の漢方相談を希望される場合に限り、初回相談料4000円を漢方代とは別に頂戴しておりますのでご了承ください。

サプリメント・漢方薬の費用の目安

女性

廣田漢方堂で用いるサプリメントのおおよその合計月額費用
タイミング・人工授精 1~2万円
体外受精・顕微授精 2~3万円
廣田漢方堂で用いる漢方薬の1日当たりの値段
100円~500円/日(配合されている生薬の種類や数によってお値段が多少前後いたします。)

漢方薬に関しては、毎月使用するケース、もしくは、採卵周期の月経初日から採卵日・胚移植周期の月経初日から判定日、という限定された期間のみ使用するケースがございます。したがって漢方薬の値段に関しては月額費用ではなく、1日当たりの値段で表記しております。

体外受精・顕微授精では、採卵期における過去の採卵数・受精卵のグレード・分割スピード・凍結受精卵数など、胚移植期では子宮内膜の厚み、それに対しての月経血量の対比および経血の質・月経痛・月経前後での体調変化などから、状態を少しでも改善するために必要な商品をその周期ごとに選び、妊娠の可能性を最大限に引き上げる方法を採用しております。
したがってタイミング療法・人工授精とは異なり、周期ごとに月額の費用が大きく変動することがございますので、予めご了承ください。

男性

廣田漢方堂で用いるサプリメントのおおよその合計月額費用
タイミング・人工授精・
体外受精・顕微授精
いずれの方法でも1万円以内
廣田漢方堂で用いる漢方薬の1日当たりの値段
100円~500円/日(配合されている生薬の種類や数によってお値段が多少前後いたします。)

男性不妊の場合、特殊な事情がない限り、サプリメントで十分に対応が可能です。
そのため基本的に月額費用は1万円以内となります。