流派および
指導内容について

2008年に開業以来、中医学を中心に漢方の勉強を続け、現代人特有の疾患にどのように対処すべきかを突き詰めてきました。
その中で、伝統的な中医学だけでは到底治すことができないことが徐々にわかり、漢方という手法を用いて現代人特有の疾患を治療するためには、中医学・西洋医学、そして日本に伝統的に根付いていた日本漢方の3つを学び、それらを有機的に結合させる必要があることを悟りました。

日本の薬局漢方では、法律上、本場の中国のように何千種類とある生薬を自由自裁に使いこなすことができません。
そのためいくら中医学を専門的に学んだところで、中医学を極めることはできません。

しかも過去の歴史を振り返ると、歴代の漢方家は中医学の陰陽五行説を「空理空論」と喝破し、それらの理論を捨て去り、『傷寒論雑病論』を原典とする「古方派」という流派を作り、日本漢方として独自に発展した経緯があります。

また現代では、社会システムの変化による新たな病気が次々に誕生しています。その疾患に対応するためには、中医学や日本漢方の知識のみならず、西洋医学の知識がおのずと必要になります。

つまり私たち薬局漢方家が、薬剤師という職能で許された範囲内で真の漢方療法を行おうとするならば、それぞれを別々に学んでも意味がなく、それらを融合させることが必要不可欠なのです。

私たちは、「漢方で人を治す」ことに人生をかけています。

その目的を達成するために、何千、何万冊の専門書を読みこみ、「人とは何か?」を理解し、漢方療法を実践する上で最も大切な「症状とその原因をつなぐ病因病理の構築」ができるように日々研鑽する必要があります。

廣田漢方堂では、中医学・西洋医学・日本漢方の3つを融合させた独自の理論を構築し、それを「中正医結合和漢薬学」と名付け、1つの流派を形成しています。

2016年からは、これまで培ってきた知識・経験・技術を漢方薬局・調剤薬局の開業薬剤師、勤務薬剤師、および開業鍼灸師に余すことなく伝える勉強会を主催し、後進の育成にも力を入れています。

現在、漢方薬局業界では、このように現代人特有の疾患に対応できるように教育・訓練できる機関・施設は皆無と言っていい状況であり、存在したとしても「いかに商品を販売するかという視点からのテクニック漢方」に終始し、非常に初歩的で臨床に応用することができない稚拙なものがほとんどです。

高度な技術を持っている漢方家は、自身の店舗で相談者に対応することに手いっぱいであり、その知識や経験、技術が伝えられることは非常に稀であり、それぞれの店舗が個人プレーを行っている状態となってしまっています。

廣田漢方堂では、このような状況に危機感を抱き、他にないのであれば、自分がすべきなのではないかという考えに至り、このような勉強会を開催しています。

  • 廣田雲洲
  • 廣田漢方堂薬局代表
    廣田 雲洲(ひろた うんしゅう)