スタッフ紹介

かわいい赤ちゃんを授かる
道のりを、最短距離で
一緒に歩みましょう。

「元気な赤ちゃんが欲しい」という願いは皆同じでも、「妊娠から出産」までの道のりは人それぞれ異なります。
つまり、必要になる漢方、サプリメント、鍼灸治療などもそれぞれ異なりますので、治療を始める前にしっかりと体調・体質についてお話しいただくことが何よりも大切になります。

その内容をもとに私たちがカラダの状態を正確に把握して、その状態にあわせた治療を提案いたしますので、貴女はその治療を継続し、そして毎回の体調の変化を実感してください。

その地道な積み重ねによって、未来の結果が大きく変わってきます。
「赤ちゃんが欲しい」という願いをかなえるためには、廣田漢方堂と貴女との信頼関係が何よりも大切になってきます。

そのためには、アドバイスをきちんとご理解いただき、治療を継続することはもちろんのこと、廣田漢方堂を信じて「出産できるココロとカラダの準備」にじっくりと取り組んでください。

途中で不安になったり、諦めかけてしまうことも当然あると思います。
そんなときにも、私たちと一緒に夢を叶える決意をしていただけるのであれば、出産までの道のりを一緒に前へ進む力添えを私たちは惜しみません。

「赤ちゃんが欲しい」と廣田漢方堂に通う時間こそ「妊娠」へと近づくための貴重な時間だと思い、心を楽にしてお越しください。
きっと、未来の赤ちゃんはあなたの元へ舞い降りてきてくれるはずです。

廣田漢方堂には、不妊症や月経トラブルなど女性の心身の不調に関するご相談が数多く寄せられています。
そのような方に対して私たちができることは、貴女とじっくりと向き合い、カラダの状態をうかがい、そして解決するための方法をお伝えすることです。

かわいい赤ちゃんを授かるために、ただ全力で走り続けるのではなく、目標に最短距離でたどり着くための道のりを一緒に歩んでいきたいと思っています。

気になることは
いつでもご相談ください

初回のカウンセリングの後には、定期的にご来店もしくはお電話いただき、漢方薬を使ってからの体調変化などについての確認をさせていただきます。
そのときにはゆっくりと時間を取ってお話をお伺いいたしますので、「疑問」や「不安」など、治療中のさまざまな「心の動揺」についてもお話しください。

その心の動揺を一緒に解決して、妊娠までたどり着くまでともに歩んでいきます。

廣田漢方堂 代表 薬剤師・鍼灸師
廣田 雲洲(ひろた うんしゅう)

廣田雲洲

スケジュール【問診】

× ×

一人ひとりの相談者に適した漢方薬・サプリメント・鍼灸治療をデザインしていく事が僕の仕事

僕は、22歳で神戸薬科大学を卒業した後、調剤薬局で働き始めました。
その当時は、西洋医学しか知らず、薬を飲めば人は健康になると信じ切っていました。
でも患者さんと話をしていくうちに、薬を飲んでも一向に状態がよくならないことが実際は多い事がわかり、話を聞くだけで「自分には何の解決法も提案できない無力感」に悩んでいました。

そんな悶々とした日々の中、「自分にも何かできることはないのか?」
「どうすれば人を元気に健康になってもらえるのか?」を考え続け、西洋医学とは違う医学を勉強しよう思い、鍼灸師になるため鍼灸専門学校へ通い始めました。

専門学校に通い始めてからは、寝ても覚めても東洋医学のことばかり考え、お金もないのに大量の書籍を買い込み勉強に明け暮れました。
専門学校3年生のときに扇町漢方クリニックの研修生として採用していただき、弁証論治の基本を徹底的に勉強することができました。

やるからには、中途半端なことはしたくない性格のため、生活はとても苦しく妻と子供2人にはとても迷惑をかけましたが、鍼灸は北辰会、漢方は春生会で学び、29歳の時に独立しました。

自分の信条は、「ノウハウ漢方」「テクニック漢方」「○○健康法」などではなく、「弁証論治」を徹底的に追求した東洋医学の王道を実践することです。

型にはまった漢方療法や鍼灸治療をするのではなく、一人ひとり全く違う相談者の悩みを解決するために、徹底的に考えて、処方を作り込み、「完全オーダーメード」の治療を提供できるレベルの高い漢方薬局・鍼灸院を目指し、将来漢方薬局や鍼灸院を開業したいと夢見る仲間と一緒に相談者の問題解決のための知恵を絞る毎日を過ごしています。

開業してから10年余りがたちますが、今ではいろんな地方から相談の依頼をいただくようになりました。

22歳のころの僕が悩み続けていた「何もできない無力感」を原動力に十数年走り続けて、ようやくここまでたどり着くことができました。
今では東洋医学の考え方を使って、皆さんに健康になるための方法を提案することができます。

「どうすれば早く治すことができるのか?」と悩みの尽きない毎日ですが、この方法が多くの人を助ける力になることを信じて「廣田漢方堂薬局・鍼灸院」を経営しております。

僕のやり方はとても不器用で、多くの人を助けることには不向きですが、ご縁のあった相談者が一人でも多く健康になるように東洋医学を実践し続けたいと思います。

趣味

もともと本を読むのが大好きで、毎日、東洋医学の専門書を2時間は読まないと気が済まない性格。
夢は日本有数の治療家になること。
これまで多くの相談者の悩みを解決してきた実績には自信があります。
まだまだ道半ばのため、謙虚に日々勉強しております。

今では子どもが4人いるので、休日はもっぱら子供たちと遊びに行っています。
最近はキャンピングカーで、日本全国いろんなところに家族で旅行に行くのが楽しみ。

また33歳から空手を始め、店舗の秘密部屋には数々のトレーニングマシンを置いて、気が向いた時に練習しています。
所属は「真盟会館 天保山支部」で、2013年のルーキーズカップでは一般初級の部で見事に3位入賞しました!
また35歳から柔術も始め、2017年にはDumau関西柔術の大会で白帯シニア1・フェザー級で準優勝しました。

その他にもバイクやサーフィンなどアウトドアにはまっています。

所属団体
  • 子宝カウンセラーの会
  • 大阪中医薬研究会
  • 自然薬研究会
  • 日本体質改善研究会
  • 健康未来創造研究会
経歴
2001年
神戸薬科大学卒業。
調剤薬局でせっせと働くも、やりがいを感じることができず、悩む日々が続く。
2004年
どうすれば「やりがいのある専門性の高い仕事ができるのか?」を考える中で、東洋医学と出会い、鍼灸師になるべく専門学校へ入学。
2005年
李漢方クリニックの学術勉強会に参加し、東洋医学の勉強を本格的に始める。
2006年
扇町漢方クリニックの学術研修生として東洋医学的診断ができるように修行を行う。
同時に伝統鍼灸を学ぶため北辰会へ入会し、日夜勉強に明け暮れる。
2007年
鍼灸学校卒業後、扇町漢方クリニック所属の鍼灸師として勤務。
2008年
夢を実現するべく「廣田きらめき薬局・煌鍼灸院」を開設。
東洋医学(漢方・鍼灸)だけにこだわらず「どうすれば健康に生きることができるのか」を追求し、さまざまな学術団体の勉強会に参加し、学術研鑽する。
2012年
自分のやりたいことを実現させる為に、余分なものをすべてそぎ落として、東洋医学に特化した
「廣田漢方堂薬局・鍼灸院」を開設し志を新たにする。
2016年
漢方薬剤師向けの勉強会「臨床中医漢方気学講座」を開講。
2017年
自身の漢方理論を「中西医結合和漢薬学」とする。

店長
廣田 純代(ひろた すみよ)

廣田純代

スケジュール【受付事務全般】

× ×

忙しすぎる現代において最も大切な『健康』と『笑顔』を取り戻していただくことが喜びです

主に受付、電話応対、会計、事務を担当しています。

私生活では中学生から小学生までの4人の子育てに奮闘中、毎日目の回る忙しさに、たまには一人きりの時間が欲しい・・・と思うこともありますが、お客様一人ひとりがお店に足を運んでくださっていることに感謝し、日々店頭に立たせていただいています。

子供の頃は虚弱体質だった私が、4人出産しても、毎日の家事、育児、仕事、休日は家族でキャンプ!!という生活ができているのは、日々漢方で体質管理しているおかげです。
学生時代から酷かった月経痛も、漢方のおかげで全く無くなっています。

近所のスーパーに自転車で行って、帰りは歩いて帰ってくる・・・なんていう天然なところは、漢方では治らないようですが・・・(笑)

中学はバスケットボール部、高校は器械体操部に所属し、意外と(!?)体育会系な学生時代でした。
大学時代は、人と話すのが好きだったこと、英語を専攻していたこともあり、海外旅行にはたくさん行きました。

お客様とは、お薬のこと以外でも色んなお話をしたいと思っています。
先生には直接言いにくいこと、こんな質問してもいいかな?と思うことなども、遠慮なくぜひお話くださいね。

「悩んでいた症状が楽になりました」「希望が叶いました!」と言っていただけることが、自分のことのように嬉しく思います。
一人でも多くの方に、廣田漢方堂の漢方・鍼灸の良さを実感していただきたいと思っています。

経歴・資格・趣味など

最近はすっかりアウトドア派に。
家事はさておき、休日は家族で山、海、川へと自然を満喫しています。
各地の温泉巡りが一番の楽しみだったりして・・・。

簡単でおいしいキャンプ料理を勉強中。
家にいるときは、一日中でも洗濯しています。
お洋服のみならず、シーツ、カバー類などすっきりお洗濯できたら、気持ちまですっきりします。
密かなストレス発散方法かも!?

いつか、フラダンスに挑戦したいと思っています。
どなたか良い教室ご存知でしたら教えてくださ~い。

不妊症・体外受精チーフアドバイザー
上村 真衣香(かみむら まいこ)

上村 真衣香

スケジュール【鍼灸/問診】

× ×

治療の目的は体質改善です。一緒にお身体を整えましょう。

もともと私が廣田漢方堂と出会ったのは、患者として訪れたことがきっかけでした。
当時大きなストレスを抱えていて、頬に大量のニキビが発生し、まだ鍼灸学生だった私はいろいろな漢方薬局のブログを読んだり、自分で勉強したりして行きついたのが廣田漢方堂でした。
今は内側の人間となった身なのでこう言うのも何ですが、その選択は大正解で、ニキビはきれいに治りましたし、薬なしでは月経が来なかった体質まで改善され、自力で月経まで来るようにまでなりました。『体が整う』とはこういうことなのか、と実感した時でした。
そこで廣田院長の知識の深さと柔軟な応用力、そして漢方家としての実力に感銘を受け、それからすぐに廣田漢方堂で学ばせていただくようになりました。
数年間、店頭で様々な疾患でお悩みの方々の問診、鍼灸治療を担当させていただく一方、中医学における婦人科、不妊治療の考え方も一から学ばせていただき、徐々に不妊相談を任せていただくようになりました。

もともと大学で心理学を学んでいた私は、相手の方のお話をじっくりと聞く傾向があり、他の先生方よりお話が長くなることが多くありました。
しかし、妊娠という、自律神経やホルモンバランスが大きく関わる分野については、カウンセリングによって心身が安定することが、大きく結果を左右するということもあるということを確信していますので、今でもそこは大切にしています。
これまでたくさんの不妊でお悩みの方々のお話を聞いてきましたが、カウンセリング中にお客様の心の琴線に触れることもあり、その中でいかに女性が、肉体的、心理的、金銭的な面で追い詰められいて、大きな不安と戦っているのかということを実感しています。
私たちは漢方薬局として、「妊娠するために必要な体づくり」のお手伝いをすることをもちろん一番の役割だと考えています。
しかし、女性たちの一番の願いは「妊娠してわが子をその手に抱くこと」だということを忘れず、体づくりの面からだけでなく、あらゆる方面からサポートし、必要な情報提供をはじめ、お客様が前向きに、期待を持って治療に臨むお手伝いをさせていただければと思っています。

経歴
  • 神戸女学院高等学部 卒業
  • 神戸女学院大学 人間科学部人間科学科 卒業
  • 神戸医療福祉専門学校中央校 鍼灸科 卒業
資格
  • はり師
  • きゅう師
  • 登録販売者

不妊症・体外受精アドバイザー
多田 まどか(ただ まどか)

多田 まどか

スケジュール【問診/電話相談】

× ×

長い道のりもこの一歩から。一人ではありません、一緒に歩んでゆきましょう。

鍼灸と漢方でガラリと生きている世界が変わった、そんな経験を持つお客様相談ダイヤルの中の人です。
年相応のあれこれはあるし、廣田漢方堂の平均年齢を押し上げてはいますが、漢方のおかげで若い時よりもずっと元気に過ごすことができています。

「漢方って続けないと意味ないんでしょう?」よくいただくご質問です。
これまで長い時間をかけて蓄積されてきた不調、改善しようと思えばそれなりに時間は必要です。
でも!本当にお体に合った漢方ならば皆さんが想像されているよりもずっと早く状況が良くなることも。それにはまず、ご自身のお体の声を聞くコツを知っていただくのが近道のひとつです。たとえば不快な症状もお体からのメッセージ、しっかりと受け止めてあげましょう。
そのためにお客様とお話をする中で、ご自身でも気づかなかった変化やお体の声を丁寧にお伝えすることを心掛けています。「これは関係ないかな?」と思うようなことでも是非お話になってみてください。小さな変化とお体の意外なつながりにびっくりすることもありますよ!

お客様とお話をする仕事に長く携わってきたことと、自身が十年という長きにわたってハードな不妊治療を受けてきたこと、この経験があるからこそ出来る二人三脚を大切にしています。
どんな小さなことでも構いません。誰かに聞いてほしいけれど誰に言えばいいのかわからない・・・そんな時は是非、お気軽にご相談くださいね。
お話することでちょっぴり気持ちが軽くなる、そんな存在でありたいと思います。

経歴・資格・趣味など
経歴
関西学院大学 社会学部 卒業
資格
登録販売者
社会福祉主事任用資格
社会福祉士
介護支援専門員
薬膳インストラクター
趣味
十年間のブランクを経て最近オーケストラに復帰しました。担当はチェロ。
美味しいものが大好きでお出かけ先はご当地グルメで決めます。
たまに短歌を詠みます。
性格
石の上に三年座っていることができるぐらいじっとしているのが好き。
ただの面倒くさがりという説も。