妊娠成功例

人工授精での漢方による妊娠例

 

人工授精で妊娠に至るまで

体外受精も視野に入れつつ漢方も使用するも…

体外受精も視野に入れていましたが、人工授精で妊娠することができたお客様です(37歳、女性)。

35歳で結婚し、年齢的なこともあったため、すぐに妊娠を希望していたが、なかなか妊娠することができませんでした。
婦人科にてタイミング療法と人工授精を3度行ういましたが妊娠できず、韓国まで行って漢方を処方してもらったものも味がどうしても口に合わず、途中でやめてしまったそうです。

廣田漢方堂での人工授精サポート。妊娠に至るまで

しかしその後もなかなか妊娠しないため、このままではいけないと思い再び漢方を飲むことを決め、インターネットを通じて廣田漢方堂のことを知られました。
婦人科の検査でAMH1.18と年齢の割に低かったためにお客様の方にとても焦りがありましたが、体質に合わせた漢方を服用し、基礎体温の二層性がきれいになると同時に月経の状態が少しずつ改善しました。

そして漢方を開始して5か月後、4回目の人工授精で妊娠することができました。妊娠後も流産を予防する目的で漢方を続け、無事に元気な赤ちゃんを出産することができました。

人工授精での妊娠を成功させるための考察

人工授精で妊娠できていない原因をしっかり特定する

このお客様の例では、相談に来られた当初から体外受精を行うつもりで血液検査や説明会を受けたりされていました。
旦那様の精子の質を見る限り、精子の数や運動率には問題がないため、妊娠しにくい原因は女性側にあると考え、初回のカウンセリングを行いました。
カウンセリングの中で月経のリズムや状態を詳しく確認すると全体的な血流があまりよくない所見があったため、このまま体外受精に臨んでも妊娠する可能性はそこまで高くならないと考えました。

妊娠しにくい原因は新鮮な血液が卵巣や子宮に巡りにくい状況にあるのではないかと考察し、血流を改善する働きのある漢方を数種類併用して用い、とにかく血流を改善して月経のリズムや状態が少しでも良くなるように工夫しました。
その結果、服用し始めて数か月で経血の色、粘度が改善し、血塊が少なくなり、月経前の精神的なイライラなどが落ち着いてきました。
ご本人も月経の状態が良くなっていることに自信を持たれ、すぐに体外受精を行うのではなく、もうしばらく人工授精で様子を見ることを決意されました。
そうしたところ、廣田漢方堂に相談に来られてから5か月目、4回目の人工授精で見事に妊娠されました。

この人工授精で妊娠できなければ、体外受精を行うと仰られていたので、こちらも相当気合いを入れて処方を組み立てましたが、それが功を奏し、無事に妊娠していただくことができた例でした。

妊娠成功例一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら