妊娠成功例

免疫性不妊における体外受精での妊娠成功例

 

免疫性不妊における体外受精で妊娠に至るまで

もともと身体が弱く、免疫性不妊と診断され、廣田漢方堂へ

もともと身体が弱く、すぐに風邪を引いたり疲れを感じやすかったりする体質をお持ちの40代女性。旦那さんも身体が弱く、精液検査ではいつも精子の質が悪い状態でした。
その上、不妊症専門クリニックの検査にて、夫との間で免疫反応が生じ、抗原抗体の数値が高値となり、免疫性不妊の可能性が高いことが指摘されていました。
そのような中、通院していた不妊症専門クリニックが突然閉院することになり、これからどこに行けばよいのか迷っている最中に廣田漢方堂のことを知り来店されました。

廣田漢方堂での身体づくり、体外受精を決断

ご本人はとにかく「妊娠したい!」という希望が強いものの、身体が全くついていけていない印象が強く、まずは身体づくりを徹底的に行う必要があると判断しました。
相談に来られた当初は、生殖機能を高め、身体に元気と精力を与える補腎剤を中心とし、妊娠に必要な各種ビタミン・ミネラルが配合された栄養サプリを使用して、子宮内膜環境や卵巣機能の改善を目指しました。
それらの漢方を使用しながら、毎月人工授精を繰り返し、不妊症治療を行って頂きました。

不妊症専門クリニックでは、クロミッドなどの排卵誘発剤を用いて、排卵を促すものの、その副作用によりどうしても子宮内膜が薄くなる傾向が強く、各種ホルモン剤の使用で瘀血の形成が促進されてしまう可能性があったため、活血化瘀の漢方をその時々で使用するなどしました。

また免疫反応を少しでも抑えるべく、クリニックではリンパ球移植を実施し、血栓予防のためにアスピリン製剤を使用したりしていた。最終的にFTサージェリーを実施したりし、人工授精を数回繰り返すも、妊娠反応は出ませんでした。

ご本人は年齢的な問題もあり、非常に焦りが強く、クロミッドの影響で子宮内膜が厚くならないことに「これだけがんばっているのに妊娠できない」という不安が強くなり、精神的にも相当のダメージがありました。

このような状況の中、漢方を使用しながら、西洋医学的な治療内容、東洋医学的な治療内容について、ご本人が納得できるようにご説明し、さらに今の身体の状態などについて、「ゆっくりと話をする」ことを心がけ、できる限り本人が抱く疑問や不安を軽減させ、妊娠力が高くなるよう努めていきました。

そして最終手段として体外受精をすることを決意されました。

体外受精開始、無事妊娠に至るまで

しかし、そのまま順調に体外受精ができる状況とはならず、ホルモン剤を使用して採卵し、体外受精に向けて万全の体制を整えていたものの、再び抗原抗体反応の数値が高くなっていたことが発覚し、急遽、リンパ球移植を再開することになってしまいました。

採取していた受精卵は、胚盤胞まで成長していましたが、免疫反応が起こってしまっては胚移植しても妊娠に至らない可能性が非常に高いため、胚盤胞を一旦凍結させて、リンパ球医食にて数値を安定させてから胚移植することになりました。

漢方では免疫異常を少しでも改善するために補腎薬を中心に用い、ホルモン剤の副作用軽減のため活血化瘀剤を用い、卵の質を向上させるために各種栄養素が入ったサプリメントを使いながら採卵周期に入り、良好な受精卵を凍結することができました。
そしてリンパ球移植も無事に終わり、抗原抗体反応の数値も落ち着いたところで胚移植周期となりました
胚移植周期には、内膜が少しでも厚くなるように動脈系の血液循環を促す活血剤を中心に子宮を温め、妊孕力をつける漢方を数種類使用しました。
そして1回目の胚移植で見事に妊娠。

妊娠後も体調はなかなか安定せず、不正出血がたびたびあるため、止血剤と腎の固摂機能を高める安胎薬を使って無事に元気な男の子を出産されました。

妊娠成功例一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら