妊娠成功例

早い段階で漢方を導入、40代で始めた体外受精が成功したケース

 

漢方を用いて体外受精成功に至るまで

高齢のために諦めていた子宝、でもやっぱり欲しい。

結婚時期が遅かったこともあり、当初は子どもを持つことは諦めていらっしゃいましたが、やはりご夫婦お二人のお子様が欲しいという気持ちが強くなり妊活を始められました。
1年間、自然妊娠を目指すも妊娠せず、40代前半と言う年齢以外には問題らしい問題も見つからず、通院して体外受精を行えばすぐに妊娠すると考えていましたが、初めての採卵、初期胚移植では結果が出ず、凍結できた受精卵も一つしかありませんでした。
そこで次の胚移植までに何かをしなければと、ネットで検索して当店をお知りになり、ご相談をいただきました。

何とか確保できた凍結胚を無駄にしたくない

最初のご相談の段階では、夜間尿や冷え(自覚はないものの鍼灸で内臓の冷えを指摘された)、頭痛など血流の悪さが一因と考えられる点が散見されたため、胚移植を成功させるためには巡りの改善が課題と思われました。
また、初めての体外受精だったこともあり、自己注射を毎日という高刺激法による卵巣刺激も、やや負担が大きかったように思われたため、卵巣機能のケアも同時並行で進める必要性がありました。
そこでこちらで選定した漢方をご提案したところ、後にお伺いしたところでは「しっかりと相談にのってもらえた」「無理に購入を勧められなかった」点でご信頼を頂き、毎日欠かさず漢方をお続け下さいました。
漢方継続の間もメールや電話でのご相談に対してフォローをさせていただきました。

漢方を毎日続けることで体外受精に成功

漢方を開始した三ヶ月後、凍結胚の移植に臨まれたところ、みごと陽性反応が出ました。
ご本人も仰っていたことですが、体外受精を始めて早い段階で当店にご相談いただき、毎日欠かさずしっかりと漢方を飲むことで体外受精の成功に結びついたと思われるケースです。

妊娠成功例一覧へ