妊娠成功例

漢方を用いた自然妊娠成功例

 

漢方を用いて自然妊娠に成功するまで

頭痛に悩み、廣田漢方堂へ

結婚後、なかなか妊娠できないことに悩んでいらっしゃいましたが、不妊症ではなく頭痛症状を漢方でとるために、廣田漢方堂に相談にいらっしゃいました(30代、女性)。
しかしながら結果的には、頭痛を取る漢方を使うことで全身の血流が改善し、今までは全く妊娠する気配がなかったにもかかわらず、漢方を飲みはじめてすぐに妊娠に至った例です。

不妊治療するも頭痛が強くなり…

結婚してから2年以上経つにもかかわらず、子供ができないことに悩み、不妊症専門クリニックに通ってホルモン剤を使用するものの、不正出血などが頻繁に起こり、その苦痛に耐えながら、タイミング療法や人工授精などを行っていた。
しかし妊娠することはなく、頭痛などの症状が逆に強くなってしまったということだった。

不妊原因の考察

このお客様の場合、不妊症の大きな原因の1つである「腎虚」の所見はほとんど確認できず、妊娠できない理由は、不妊症治療と仕事の両立でバタバタと忙しく、ストレスの蓄積によって自律神経のバランスを大きく崩し、さらにホルモン剤の使用によって肝血が不足し、瘀血が形成されている状況が見受けられました。

そのため、不妊症治療を開始してからというもの月経量が減少傾向にありました。
これらの状況から、頭痛や子供ができない理由は、肝脾不和にあると考えました。

漢方を使用して1か月余りで妊娠

肝脾不和など、肝鬱絡みの不妊症の場合、体作りをしていく過程で、漢方などを使うこと自体がストレスになり、妊娠するための体作りをしているはずが、逆に妊娠しにくい体にしてしまっているというケースを過去に数例経験していることから、ご本人には「無理のない予算」「漢方を使うのが苦痛ではないかどうか」「味などは問題ないか?」などを伺うようにし、漢方を服用することができる限り苦痛にならないよう配慮しながら進めていきました。

その他、できる限り、体調を調え、頭痛などの不快症状を軽減させながら妊娠できる身体づくりを行うためできる範囲で「食生活の改善法」を伝え、日々の食事で食べるべきものを具体的に教えて、それを実践していただくようにしました。

この結果、頭痛はほとんど起こらなくなり、漢方を開始してから1か月余りで妊娠。
その後、つわり症状がひどかったようですが、無事に元気な赤ちゃんを出産されました

漢方薬の有効性

最近はインターネットなどの普及により、情報をすぐに集めることができ、その情報で頭がいっぱいになって妊娠できないことが大きなストレスとなり、そのストレスがさらに妊娠しにくい体質にしてしまうという悪循環を抱えている女性が非常に多い。このようなケースでは不妊症治療をいくら頑張っても妊娠できないことが多く、西洋医学では対処の使用がないため、漢方薬が非常に有効な手段として働く。さらに漢方薬は妊娠後も服用できるため、「流産の可能性」も軽減できるというメリットがある。

妊娠成功例一覧へ
来店ご相談はこちら
来店ご相談はこちら